「放送事故」今ではありえない美少女いたずらコント(殺人現場編) #放送事故 #followme

「放送事故」今ではありえない美少女いたずらコント(殺人現場編)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

放送事故現場に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

テレビ局内の仕事は物凄くハードだと聞きましたが? 特にテレビ

[エンターテインメントと趣味|テレビ、ラジオ]

テレビ局内の仕事は物凄くハードだと聞きましたが? 特にテレビ局で働いてる人、働いていた人の意見聞きたいです。 夜勤が多い、休みがあまり取れないとか、また結構怒鳴られたりする職種? ネットでテレビ局に勤めてる人の経験談がありましたが、的確さと仕事の素早さが他の職種以上に求められ、重い機材を運ぶとか体力面でもきつい、またいつも先輩から怒鳴られながら仕事していてメンタル的にもきついと言ってました。 テレビ局の現場って、やはり怒鳴り声とかが常に響いてるイメージがあるんですが、どうでしょうか? 先輩が「早くせんか馬鹿野郎!」「何してんだコラ!」みたいな感じの現場も修羅場的な印象が強いです。 特に生放送だとこれらが顕著だとか・・・ 少しの手違いやミスが放送事故となり、スポンサーを怒らせるとか、時間ぴったしに放送が開始できないとかなりまずいとか、入社しても即戦力、戦力にならなかったら即部署移動もしくはクビ、テレビ局はこんな世界でしょうか? 今、製造業で働いていますが、怒鳴りとか全然ありません。 残業はきついけど、いたって社内環境は平和でいいです。

根本的な質問です。《冗談》と言えば、何を言っても許されるので

[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]

根本的な質問です。《冗談》と言えば、何を言っても許されるのですか。単刀直入、まずはイエスか、ノーでお答え下さい。 《4年後の高江で同じ実態があるとする根拠は、ある集会で「じいさん、ばあさんは捕まってください」と冗談交じりの呼び掛けがあったことのみ》 ⇒バカ騙っているんじゃないよ。 ・ ニュース女子「検証」番組を検証する 沖縄報道 6つの論点 2017年3月15日 沖縄タイムス 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設反対運動を巡り、テレビ制作会社のDHCシアターは13日、「ニュース女子」の「続編」番組をネット配信した。 1月2日の東京MXテレビでの放送で事実に反すると批判された点について、問題をすり替えて正当性を主張する内容に終始した。論点ごとに内容を検証する。 「ニュース女子」当初放送内容と続編の主張 (1)高齢者を「過激派デモの武闘派集団シルバー部隊」と表現 初回放送について根拠の明示を求める本紙社説を引用。 その上で、オスプレイ配備反対に向けて「逮捕されても生活に影響がない65歳から75歳」を募る動きがあると報じた2012年9月の本紙記事を根拠として示した。 だが、4年後の高江で同じ実態があるとする根拠は、ある集会で「じいさん、ばあさんは捕まってください」と冗談交じりの呼び掛けがあったことのみ。シルバー部隊などという呼び名が現場に存在しないことの釈明はなかった。 (2)「テロリストみたい」と表現 沖縄防衛局が市民側の拠点テントを撤去する期限として指定していた16年8月5日、防衛局職員がテントを訪れた際のもみ合いを動画で紹介。 「過激な言葉と暴力が横行する」と指摘した。一方で、「テロリスト」という言葉について「爆弾テロを連想することは確か」とのコメントもあった。 (3)「韓国人はいるわ中国人はいるわ」と表現 ヘイトスピーチ対策法を提案した自民党の参院議員にインタビュー。 「政治発言はヘイトスピーチではない」「不利なことを言われたら差別だ、人権侵害だ、ヘイトだ、と言う。そのことが言論空間をゆがめる」との見解を伝えた。 マイノリティーに対して、変えようのない属性を攻撃するというヘイトスピーチの定義には触れなかった。 (4)高江の約25キロ手前にある名護市のトンネルで「危険だ」と引き返した どこが危険か分からず、スタッフの安全に配慮してロケを中止したと説明した。 根拠はヘリパッド工事への抗議ではなく、15年11月20日に名護市安部のホテル前であった辺野古新基地建設工事の過剰警備への抗議の動画。 大手メディアが福島第1原発事故後に避難したことや、危険な紛争地域に社員を派遣しないと例示。 初回放送で現地取材した軍事ジャーナリストは「危険を判断するのは取材する側だ」と強調した。 (5)「反対派は日当をもらっている!?」と表現 追加取材した「高江の反対運動でも日当2万円で雇われたと聞いた」「知り合いが日当が出るから行ってるよ(と聞いた)」という伝聞証言を報告。 日当をもらった人にも取材交渉したが断られたとした。 ジャーナリストが数年前の取材で、防衛局前で辺野古新基地建設に反対する活動家から「2万円もらっている」と聞いたと発言した。 運動へのカンパや交通費相当の支給があることを挙げ、「資金援助はあり、デマではなかった」と正当化。 初回放送で出所不明の封筒を根拠にしたことについては取材の詰めが甘かったと指摘した。 (6)「過激派が救急車も止めた?」と表現 救急車を「止めた」から「妨害している」という論点にずらして検証した。 初回放送で証言した住民が「本来の時間通りに到着できなかった」という意味合いだったと説明。 前回はしなかった地元消防への電話取材を実施。 「救急車の妨害はなかった」という証言を紹介した一方で、「安全のために徐行したりして、時間がかかったことはある」という言葉を強調した。 htp://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88556

ありがとうのうた
ありがとうのうた
価格:¥ 2,520



生放送を遅らせるシステムがある?[エンターテインメント・スポーツ>テレビ・ラジオ>その他(テレビ・ラジオ)]

生放送を遅らせるシステムがあると聞きましたが、本当ですか?

日航機墜落事故から30年・テレビ特番[ニュース・災害・社会制度>ニュース・時事問題>倫理・人権]

「ドーン、ドーン、ドーン」日航機墜落事故30年目に判明した爆発音・フジテレビ特番 明後日8月12日(火)夕方6時半からフジテレビ系で特番が放送されるそうですね。 皆様は、御覧になる予…

========== 無料レポート ==========

1. <要約レポート!> ~~~ [女性用]☆制作会社社長、TVプロデューサーが激白!アイドルとしてデビューする方法!!☆

2. ■アイドル、ミス女子大生といった大型美女と言われる女性を30 分で落とした驚異の会話術

3. あのアイドルが、すべてを脱ぎ捨てて大胆に!

========== 無料レポート ==========